これからの時代、保険だよ保険

と言ってみた

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イリジウム192 前立腺がんの小線源療法について

先日、父親の前立腺がんの件で相談させて戴いた者です。

ネットや本などでも色々調べた結果、心臓の悪い父親のことなので、摘除手術はやめることとして、先週からホルモン療法としてLH-RHアナログ注射を4週に1回ということで開始しました。

年明け早々に2回目の注射をするのですが、このままホルモン療法で様子を見ながら放射線治療を行うかどうか考えるとしました。

担当の先生曰く、手術しないのなら放射線治療がよい(ステージBでグリソンスコアは3+4です)、外照射はおすすめできない、組織内照射が良い、と言われ小線源療法を考えています。

小線源療法には線源を抜去するものと永久留置するものがあるようですが、どちらが良いのでしょうか。

また、永久留置する密封~の方は東京以外では実施機関が少ないようですが、私の父親は兵庫県在住であり、関西近辺では無いでしょうか。四国がんセンターが最短?なのでしょうか。

どなたかご存知であれば、教えて下さい。



前回の質問を見ていないので、何ともいえませんが、病巣摘出手術を避けた理由が今ひとつ理解できません。

心臓が悪い、とはどの程度の症状なのでしょうか。ご高齢なのですか。現在はカテーテルによる手術ですので、侵襲性も低く、ステージもBでグリソンスコアも合計7なら普通は迷わず摘出しますが。密封小線源療法は根治には至りませんから、症状を今の状態に止めるということです。いずれ他の療法との併用が必要になります。前立腺がんは比較的進行が遅いものが多いのですが、この療法ではリンパや骨転移のリスクは残ります。

暫定か永久留置かは病巣次第でしょう。

とにかく、お尋ねの放射線治療を行う病院は、関西にもたくさんあると思います。それほど困難な手技を要するものでもないですから。

大阪府立成人病センターでは放射線治療科でイリジウム192による小線源治療を実施しています。兵庫県立成人病センターは明石市にありますが、実施しているかどうかは確認していません。そのほか各大学・医大付属病院でも行えると思いますのでそれぞれ聞いてみるといいでしょう。



スポンサーサイト

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。